晩冬|詩

晩冬|詩

晩冬|詩

2022/2/16

まだ冷える空気に触れて丸裸の木々が生き延びている 地図上には描かれていなくても ここに大空を突く命があるよ
静かな時間を太陽があたためはじめたそのとき 寝起きの指がドアノブの静電気に撃たれて笑う

匿名で質問やリクエストを送る

※登録・ログインなしで利用できます

メールアドレスだけでかんたん登録

  • 新着記事を受け取り見逃さない
  • 記事内容をそのままメールで読める
  • メール登録すると会員向け記事の閲覧も可能
あなたも Medy でニュースレターを投稿してみませんか?あなたも Medy でニュースレターを投稿してみませんか?